冷えとり

 

 

さて、朝起きてから夜寝るまで、気持ちすっきり!

痛いところ、気になるところな〜し!

…っていう生活を日々送りたいもの。

心身共に元気な時は、そんなこと考えもしないでどんどん動ける…。

ところが、気候に左右されたり、人間関係に左右されたり、生活環境に左右されたりと様々なことが原因で、様々な症状に悩まされてはいませんか?

 

 

そんな方々に最もお奨めしたいのが、「冷えとり健康法」です。とっても簡単なので、治療を受けて症状を改善するだけでなく、日々取り入れて自ら養生していきましょう。

 

  • 半身浴:ぬるめのお湯で1回最低20分間くらい。
  • 靴下の重ねばき:シルク・綿・シルク・綿の順で靴下をかさねてはきます。
  • レギンスの着用:靴下と同じように。
  • 夜は湯たんぽで足元をあたためる。
  • 食べ過ぎない。食べ過ぎると体が冷えてしまいます。

 

私もこの健康法でいろんな症状を改善しています。

  頑張らずに、できるところから気長に取り組むのが、ポイント

です。

 

この冷えとりについてもっと詳しくお知りになりたい方は、「冷えとりワークショップ」に是非ご参加ください。

この会は、月に一回開催しています。

 

*おしらせ*

下記の会は、終了しました!

次回もお楽しみに!!

 

冷えとりワークショップ vol.36
〜心ぽかぽか冷えとりガール入門〜


楽しく「冷えとり」について学んでみませんか?
「最近、『冷えとり』っていうことばを

よく聞くけどそれって何のこと?」
「なんだか体がだるくて、イライラするんだけど、

どうしたらいいか分からなくて~。」
という女性の皆さん、どうぞお越しください!

 

日 程:2016年 月 日( )

場 所:

定 員:10名(先着順)
参加費:1000円(お茶とおやつ・お灸付き)

プログラム  冷えとり健康法について 

           冷えとりトーク(お茶しながら)

        プチお灸体験もあります!

 

   *お申込はこちらからどうぞ!

 

 

*告知していない場合でも、ご相談いただければ随時開催いたします。お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

たんぽぽ鍼灸院へ

ようこそ

当鍼灸院は、女性と子どものための、小児はり・指圧・はり・お灸の治療院です。

 

ご予約はこちら

お問合せはこちら


●「刺さないはり大師流小児はり(フェザー小児鍼)」は、世界中の子どもの笑顔を応援しています。こちら

虐待から子どもを守ろう=オレンジリボンキャンペーンに賛同します。
虐待から子どもを守ろう=オレンジリボンキャンペーンに賛同します。

毎年11月は児童虐待防止キャンペーン月間です。詳しくは、こちらまで。

こどもたちの未来のため、脱原発に賛同します。
こどもたちの未来のため、脱原発に賛同します。
カウンター